­

姉妹都市交流中学生

今年もまた恒例の「白石市国際交流中学生グループ」がやって
きました。今回は今までより2名減って、10名の中学生と2名の
引率者。

シドニーの南に位置するハーストビル市と姉妹都市
になって16年間、昨年の新型インフルエンザの影響による
訪問中止があったものの、特にこの不景気のあおりで、国際
交流を取りやめている市町村が増えている中、毎年中学生
を派遣している、とっても素晴らしい市なのであります。

先週の金曜日にシドニー到着し、5泊を姉妹都市であるハースト
ビル市のホストファミリー宅に滞在し、その後キャンベラに1泊2日
で歴史と政治の勉強、で最後にポートスティーブンスに日帰りで
訪れ、今日は一日買い物をして夜便で帰国というスケジュール。

今回は比較的トラブルが多かったみたいですが、まぁ中学生10名
が10日間海外旅行すれば、何かしらおきますよね。
だから大丈夫ですよ、佐藤さん。首にはなりませんって(笑)
一生懸命仕事をしている姿を隊長は見てましたよ。
隊長の名前を間違って呼ぶこと30回?
これは許されるかどうかわかりませんけどねぇ・・・。

ぜひ来年以降もこの国際交流は続けてほしいものです。
ただもうちょっと隊長の話を聞いてくれる生徒さんを送って
くださいよ。最近の学生グループはどれも同じなんだけどね、
だから学生を担当するのはちょっと辛くなってきた。

自分が学生の頃を想い出せば、こんなこと言えた立場じゃないん
だけどね。

おばちゃんグループは好きだなぁ。

これまでのコメント

  1. 佐藤 良子 :

    オーストラリア滞在中はお世話になりました。その後全員無事に帰国し、私は歳のせいか一週間ほど無気力状態になり、今週復活しました。
    お陰様で首にはならず、かえって「大変だったね。」と労いのお言葉をいただき、また元のように、のうのうと生活しています。
    オーストラリア大好きになりました。また行きます!!今度はプライベートで!
    本当にありがとうございました。

  2. イルカ隊長 :

    佐藤 様

    ありがとうございます。
    首にならずに済んで何よりでした。
    いざという時のために、「佐藤さん救出委員会」を設置して
    日々計画を練っていたところでした。

    またの再会を楽しみにしていますね。

    同行してくれたWさんにも宜しくお伝え下さい。

この記事にコメントする