­

ジェノランケーブ!

「ジェノランケーブ鍾乳洞」を含む「ブルーマウンテンズ・エコツアー」が徐々に
盛り上がりを見せてきました。

参加者に感想を伺うと、ツアー行程の中で「ジェノランケーブ」が圧倒的に
印象的だった!との声が多いのが事実なので、今回は我々のツアーで訪れる
「オリエントケーブ」を写真で紹介します。

オリエントケーブとはジェノランケーブで見学できる10以上ある鍾乳洞の一つで、
我々IECオセアニアのツアーではここを基本的に見学します。

じゃ、どうして「オリエントケーブ」?

ふっふっふ、とても良い質問ですよ。

答えは簡単です。最も奇麗な鍾乳洞だからです!

 

鍾乳洞ツアーの集合場所は全部で3か所あり、「オリエントケーブ」は他の
「テンプル・オブ・バール」と「リボンケーブ」と同じ集合場所になります。
ここから鍾乳洞への入り口まで上り坂を約5分程歩きます。すると・・・

 

こんなサインのある場所に到着します。ここがツアーの出発地となります。
結構ここにたどり着くまでに肩で息をしている人もいますけどねぇ。

 

ツアー中の注意事項を説明されて中に入るとこんな感じです。
気温は年間を通じて15度から16度。夏場は涼しくて嬉しくなって
しまいます。冬は思ったより暖かいなってくらいです。
実はこのトンネル、人工的に掘られたトンネルです。これができるまでは
オリエントケーブツアーは5時間掛っていたそうです。それがこのトンネル
のお陰で1時間30分のツアーが可能になったとさ。

 

最初に見学するのがこの「バット・エンド」。
右にいる青のシャツを着ている人がガイドのロッキーです。
ここでは鍾乳洞のでき方などを教えてくれます。
多くの人は「おおぉぉ!」と声を出すほど鍾乳石がありますが、
まだまだここは本番ではありません。

 

このオリエントケーブは3つの洞窟がありますが、ここが最初の
「ペルシャ」です。

 

ペルシャにある「シャンデリア」と呼ばれる鍾乳石。

 

同じペルシャにある「コモンウェールス・ドーム」です。
高さが38メートルあり、プラネタリウムのような形とでもいえばいいのか・・・。
カポラと呼ばれる火山活動で熱くなった洞窟内の水が上に吹き上げて
形成されたんですと。

 

2番目の洞窟「エジプト」で見ることができる「カンガルー」と「エミュー」
です。見つけられるかな?

 

同じく「エジプト」にある「ホワイト・ナイル川」といいます。
きらきらしてて、宝石でできているように綺麗・・・・
その後ろの巨大な石柱(鍾乳石)にも注目です。

 

これまた「エジプト」でみられる「クレオパトラのカーテン」です。
写真では分かりにくいと思いますが、長さが8メートルくらいあり、その1センチ毎に
最低100年掛ってできています。

 

最後の洞窟「インド」は上と下の階にそれぞれ分かれていて、これは
上のインドで見ることができる、ジェノランケーブで最も美しいといわれ、
このジェノランケーブのロゴにも使われている「インディアン・キャノピー」
です。インドの頭から飾り物をつけた象さんをモデルにしてるそうな。
これの長さは5メートル以上です。

 

すっごく珍しい透明の鍾乳石です。

……という感じでごく一部を写真にてご紹介しました。

残念ながらジェノランケーブ鍾乳洞に行かれたことのない日本人にとっての
ブルーマウンテンズは、まだまだ「スリーシスターズ」で有名な「エコーポイント
展望台」やトロッコ列車の「シーニックワールド」になっちゃってるわけ
ですけど……(もったいない!)

世界最古の3億4千万年前にできた鍾乳洞の魅力はまたこれからも
このブログでご紹介していきますのでお楽しみに。


[追記:2017年6月]

ツアーの時間帯についてコメントをいただきました。

ほかの方にも参考になると思うので、こちらへ追記いたします。

ジェノランケーブ鍾乳洞は、日本の秋芳洞等のように自由に入洞することは
できず、鍾乳洞に所属しているガイドが付き添って案内する方式です。

見学可能なコースな10以上! コースにより入洞時間や参加人数の上限、
料金等が決まっています。例えばオリエントケーブは通常平日は1日1回のみ、
週末は2回で、1回に入洞できるのは約25人までとなっています。

IECオセアニアはそれとは別枠の鍾乳洞入洞枠を毎日確保している
唯一のツアー会社です。

以前は「オリエントケーブ」のみでしたが、現在はグレードアップして
なんと2つコース「オリエントケーブ」と「テンプル・オブ・バアル」を
一度に見学できるIEC限定の特別日本語コース「グランドツアー」へ
ご案内しています

 

これまでのコメント

  1. hiro :

    初めまして。
    こちらのブログを拝見して是非オリエントケープに行きたいと思い
    こちらに書き込みをさせていただきました。
    オリエントケープについて教えてください。
    今月の16日出発でシドニーに泊まるツアーに参加します。
    最後の日18:30ホテル集合で日本に帰ります。
    一日自由行動なのでオリエントケープに行きたいと思っています。

    ある会社は
    「オリエントケープの見学は13:30からとインターネットにのっていましたが間に合いますか」の私の質問に
    「通常のツアーに参加する場合は行程表にそったご案内となりますが、チャーターですので、何時でもお客様のご都合で見る事ができます。」
    他の会社は
    「ツアーは決まっているので通常見学できない」とのこと
    最初の会社にはきちんとオリエントケープと念を押し聞いています。
    どちらを信じたらいいのかわかったら教えて頂きたいと思います。

    もし13:30からの見学だとしたら18:30のホテル集合に間に合いますか。
    初めてのシドニーで一番見学したいなと思う場所です。

    お詳しそうなので思わず書き込みました。
    何卒よろしくお願いします。

この記事にコメントする

 

イルカ・クジラのスペシャリスト
IECのエコツアー

シドニーとポートスティーブンスを年に100往復するイルカ隊長が仕事と趣味について語ります。

似顔絵制作: かでる工房さん

最近のコメント


ポートスティーブンスの時刻:
2019年11月15日 9:58 am
日本の時刻:
2019年11月15日 8:58 am